読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岬たんのSTAY GOLD

アコギ1本でパンクロック。シンガーソングライター 岬たん です。

岬たんオリジナル曲「ブスの自撮り、デブの生足」

ソロ弾き語り-曲

岬たんのオリジナル曲「ブスの自撮り、デブの生足」について
 
 
〈動画〉
 
 
 
 
〈歌詞〉
「ブスの自撮り、デブの生足」作詞作曲:岬たん
ブスの自撮り ブスの自撮り どこにも需要がないブスの自撮り
デブの生足 デブの生足 風邪引くから隠せよデブの生足
それでもブスはお世辞の「かわいい」に惑わされ
それでもデブは「セクシー」を疑うことを忘れて
そうよブスでもデブでも女の子 嘘の褒め言葉でも聞きたいの
ブスでもデブでも恋をする こんな私の事を愛してね
 
ブスの童顔 ブスの童顔 幼いとイモっぽいは隣り合わせ
デブの巨乳 デブの巨乳 なに勘違いしてるの 肉の塊
それでもブスはお世辞の「若いね」に惑わされ
それでもデブは「ぽっちゃり」を疑うことを忘れて
そうよブスでもデブでも女の子 嘘の褒め言葉でも聞きたいの
ブスでもデブでも恋をする こんな私だけど
ブスとかデブとか気にせずにちゃんと中身だけを見てくれる
高身長のイケメンが空から降ってくるのを待ってるの…♡
私からは何もしないけど…♡
 
 
 
〈解説〉
これは私が2個目に作った曲。
初めて聞く人でも結構面白がって食いついてくれるし、公開デモ評議委員会でもベタ褒めされたし、
周りからの評価が高くて嬉しい曲。
 
私には珍しくバラードっぽい曲調。
 
これを作った頃、まだ度胸があんまりなくて、実は怖くてちょっと逃げた曲でもある。
私は自分の事をブスともデブとも思っていない。(美人とも細いとも思っていないけど)
でも何となく、「自分の事って設定にしとけばいっか!炎上防止!」
と思って自分の事を話しているかのような歌詞にした。
今思えば、もっと攻めて良かった。
 
 
1stCD「デブスのSNS」の1曲目に収録。
曲を作って間もない頃に、りのタソの部屋でレコーディングした。
レコーディングをした後になって、ライブで何度も何度もやる内に自然にギターの右手のリズムが変わったり付けてたコードがマイナーチェンジしたりした。
最初はメロディー・コード・歌詞ができた時点で「完成」!って思ってたけど、実際には完全に曲が出来上がったのはもっと後って事になる。
ほんとにこれは、ライブで何度もやりながら完成した。
今はもう右手のリズムとかコードとかも変更なく安定してる。
だから、CDに収録されてるバージョンじゃなくて、今ライブでやってるのが本当の完成形。
 
 
 
 
なんでこんな曲を作ろうと思ったかって話。
題材は、高校時代のとある同級生。
その同級生とはプライベートで遊ぶような仲ではないんだけど、ある日久しぶりに連絡があった。
「東京に遊びに行くから遊ぼう」って。
久しぶりだしせっかく連絡くれたし、無理してでも予定を開けて会うつもりだった。
場所とか日にちとか話を詰めていく内に、私は気が付いてしまった。
「(これ、ねずみ講だ…)」
会う予定は、きっぱりと正直な理由も添えてキャンセルさせてもらった。
結構むかついた。
人の時間を何だと思ってやがる。
私はあんたのカモじゃないわ。
 
また別のある日、久しぶりにfacebookを開いた。
あんな面白くないSNSを開くなんて、よっぽど暇だったのだろう。
いきなり目に飛び込んできたのは、画面いっぱいのドアップの自撮り写真。
そう、例の同級生の自撮りだった。
どんな内容だったか覚えてないけど、すごくしょうもない文章が添えられていた。
何でもない投稿にいちいち自撮りを載せるなんて、芸能人かアイドルか何かしらファンが付く活動をしている人がやるなら意味分かるけど、まったくもって意味不明だと思った。
そして私は一言、「アイドルかよwwwwwwwwwwwwwwwwwww」とだけコメントし た。
盛大に草を生やしまくって。
友達と一緒に写ってる自撮りとか、「髪切りました!」とかの内容と一緒に自撮りが載ってるなら、まだ分かるよ。
これは完全に、「どこにも需要がない自撮りだ…」と思った。
しかもちょっと怖かったんだよ。
本当にドアップで。あと、加工しまくってたのかな?なんかあの写真は、狂気すら感じた。
 
私はその子に利用されようとした事にむかついていたから、私も利用させてもらう事にした。
曲にしてやる。
「♪ブスの自撮り〜ブスの自撮り〜どこにも需要がないブスの自撮り〜」
という画期的なフレーズが、歌詞もメロディーも同時に思い付いた。
 
曲の続きは別のエピソー ドの事も織り交ぜながら作っていった。
 
むかつかせてくれて、ありがとう。
ラジオでも流してもらったし、CDは手売りだけですでに数百枚も売れたよ。
だけどもう二度とあなたとは会いません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これ、このネタでもう1曲書けそうだな。
マルチ商法ディスる曲、いけるな。
 
 
 
 
「ブスの自撮り、デブの生足」が入っているCD「デブスのSNS」は、ライブ会場かオンラインショップで買えます!
まだ持ってない人は早めに買ってね!
気分次第で値上げしたり売るの止めたりするかもしれないので!
 
 
 
 
 
 
 
 
最後まで読んでくれてありがとう。
 
岬たん
広告を非表示にする