読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岬たんのSTAY GOLD

アコギ1本でパンクロック。シンガーソングライター 岬たん です。

【アイドル論】アイドルとバンドの違いについて(前編)

岬たんの自己中コラム

こんにちは。
悪口系シンガーソングライター 兼 地下アイドル の岬たんです。
f:id:misakitan22:20160309173122j:image
 
 今回は、「アイドル」というものについて、
私が普段から感じている事を、読み手の心情など度外視でつらつらと自己中に語っていきます。
「アイドル」というより「地下アイドル」かな。
「地下と地上は繋がっていない」とはよく言ったものですが、個人的に「アイドル」と「地下アイドル」とではまったく別の職業だと思っています。
 
※書いてある事はすべて個人的な見解なんで、一般論を代表して語っている訳ではありません。
 
 
 
 
 
 
インディーズバンド大好きサブカル女、突然アイドルに
5年前ぐらい?
もっと前だったか?
下手したら10年ぐらい前からそんな兆しがあったのかもしれませんが、
いつからか、「アイドル」という文化が急激に目立って来るようになりました。
いや、私がアイドルに興味がなさすぎて「急激に」と感じるだけで、実際は徐々に業界が盛り上がっていたのかもしれませんけど。
 
 
私はインディーズバンド大好きサブカル女として、厨二病にも近い症状を患いながら青春時代を過ごしてきたので、アイドルなんてキラキラしてそうな世界には更々興味がありませんでした。
そんな事よりも、インディーズバンドの中古CDを集めたり、商業音楽をディスったりする事に大忙しな毎日ですから。
 
 
しかし、人生とは何が起こるかがまったくもって予測不可能なものです。
 
元々ファンだったシンガーソングライター/バンドマンの「大石理乃」に誘われた、という何とも安易でミーハーな理由から、地下アイドルの世界に片足を突っ込む事になります。
 
 
 
 
 
 
アイドル界隈にカルチャーショック
産まれた時から子守歌はブルーハーツ、押し入れを漁ればセックスピストルズのポスターが出てくるような暖かい家庭で、バンドリスナーとしての早期教育を受けて育った私。
バンド界隈に対する知識はある程度持っていましたが、
アイドル界隈に対しては、「なにそれ、おいしいの?」状態です。
 
 
 
とにかくカルチャーショックがすごかったです。
バンドのライブにしか行ったことがない私にとっては、みんなからしたら当たり前かもしれない一個一個が大きな衝撃です。
 
まず、タイムテーブルからして意味が分かんなかった。
 
持ち時間15分の転換時間0分???
は?????
何言ってんの?????
頭大丈夫か????
0分でどうやって転換するの?
15分って何?それで何曲やれるの????
さらに追い打ちをかけるかのように、「物販時間(?)」とか言う謎の時間が60分もあるけど、これはいったい何をする時間なの??????
 
 
 
そもそも、第三者が作った曲のカラオケを流して歌うだけなんてライブ形態、
バンドライブに慣れた身としては意味不明でしたね。
まさに「他人の曲で大盛り上がり」。
まぁ、正直最初は見下してました。
バンドの方が絶対にかっこいいと思って。
 
J-POPに近いメジャーバンドの事情は詳しくは分かりませんが、
少なくとも私が頻繁に見に行っていたインディーズバンド界隈では、
作詞・作曲は当然として、流通・販売まで全部自分達でやっちゃうバンドもザラでしたから、そりゃあ何でも自分らでやってる方がかっこいいに決まってます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 バンド界隈よりアイドル界隈は経済的に盛り上がっている
だけど、悔しいけど、確実にアイドル業界は盛り上がっていました。
それは経済的な意味でも。
一部の売れっ子地上アイドルに限った話ではありません。
客単価が全然違うんですね。
 
 
 
アイドルのライブを見に行って、何も買わずに「あぁ楽しかった」と真っ直ぐ帰る人って少数派だと思います。
一方バンドのライブって、ライブだけ見て何も買わずに帰るのって、いたって普通じゃないですか?
買うとしても、曲が良ければCDを1枚買う程度。
熱心なファンならTシャツやステッカーなど買うのかもしれませんが、アイドルの物販と比べたらたかが知れてます。
※ここで言う「バンドのライブ」とは、メッセやアリーナでがんがんライブが出来るメジャーバンドや、チェキ・握手などに商品価値を見出して販売しているバンドのライブではなく、下北沢のライブハウスなどで地道に活動しているバンドのライブです。
 
 
 
では、なぜこんなにもお客さんの消費に差があるのでしょうか。
個人的な考察は、長くなりそうなので次回に続きます。(ブロガーっぽいな)
 
 
※後編のリンクを下に追加しました↓
 
 
 
最後まで読んでくれてありがとう。

 

 ↓続きはこちらから↓

misakitan22.hatenablog.com

 

岬たん

 

 

広告を非表示にする