読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岬たんのSTAY GOLD

シンガーソングライター 岬たんのブログです。

アイドルとバンドの違い(前編)

Webマガジン用記事

 
 
シンガーソングライターの岬たんです。

f:id:misakitan22:20161104003424j:plain

 
 今回は、「アイドル」というものについて、私が普段から感じている事を、自己中に話していきます。
「アイドル」というより「地下アイドル」かな。
「地下と地上は繋がっていない」とはよく言ったものだけど、個人的に「アイドル」と「地下アイドル」とではまったく別の職業だと思っています。
 
 
 
 
 
インディーズバンド大好きサブカル女、突然アイドルに
私はインディーズバンド大好きサブカル女として、厨二病にも近い症状を患いながら青春時代を過ごしてきたので、アイドルなんてキラキラしてそうな世界には更々興味がありませんでした。
 
しかし、
元々ファンだったシンガーソングライター/バンドマンの「大石理乃」に誘われた、という何とも安易でミーハーな理由から、地下アイドルの世界に片足を突っ込む事になります。
 
 
 
 
 
 
 
アイドル界隈にカルチャーショック
私は、産まれた時から子守歌はブルーハーツ、押し入れを漁ればセックスピストルズのポスターが出てくるような暖かい家庭で、バンドサウンドに囲まれて育ってきました。
アイドルには疎い環境にしかいなかったので、本当に何も知識がありません。
 
 
 
アイドル界隈に関わってみると、とにかくカルチャーショックがすごかったです。
バンドのライブにしか行ったことがない私にとっては、みんなからしたら当たり前かもしれない一個一個が大きな衝撃です。
 
まず、タイムテーブルからして意味が分かんなかった。
 
持ち時間15分の転換時間0分???
0分でどうやって転換するの?
15分って何?それで何曲やれるの????
「物販時間(?)」とか言う謎の時間が60分もあるけど、これはいったい何をする時間なの??????
 って感じ。
 
 
そもそも、第三者が作った曲のカラオケを流して歌うだけなんてライブ形態、
バンドライブに慣れた身としては意味不明でした。
他人の曲で大盛り上がりじゃん、っ思って、正直最初は見下してました。
バンドの方が絶対にかっこいいと思って。
 
 
インディーズバンドって、
作詞・作曲は当然として、流通・販売まで全部自分達でやっちゃうのも当たり前だし、そりゃあ何でも自分らでやってる方がかっこいいに決まってます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 バンド界隈よりアイドル界隈は経済的に盛り上がっている
だけど、悔しいけど、確実にアイドル業界は盛り上がっていました。
それは経済的な意味でも。
一部の売れっ子地上アイドルに限った話ではありません。
客単価が全然違うんです。
 
 
 
アイドルのライブを見に行って、何も買わずに「あぁ楽しかった」と真っ直ぐ帰る人って少数派だと思います。
一方バンドのライブって、ライブだけ見て何も買わずに帰るのって、いたって普通じゃないですか?
買うとしても、CDぐらい。
熱心なファンならTシャツやステッカーなど買うのかもしれないけど、アイドルの物販と比べたらたかが知れてます。
 
 
 
 
じゃあ、なんでこんなにお客さんの消費に差があるのか。
それは後編に続きます!
 
(↓以下に後編のリンクを追加しました↓)
 
 
最後まで読んでくれてありがとう。

 

 ↓後編はこちらから↓

misakitan22.hatenablog.com

 

岬たん

 

 

広告を非表示にする